乾燥アカモク
5ea11a64cee9ea46c3ac2b2b 5ea11a64cee9ea46c3ac2b2b 5ea11a64cee9ea46c3ac2b2b 5ea11a64cee9ea46c3ac2b2b 5ea11a64cee9ea46c3ac2b2b 5ea11a64cee9ea46c3ac2b2b 5ea11a64cee9ea46c3ac2b2b 5ea11a64cee9ea46c3ac2b2b 5ea11a64cee9ea46c3ac2b2b 5ea11a64cee9ea46c3ac2b2b 5ea11a64cee9ea46c3ac2b2b 5ea11a64cee9ea46c3ac2b2b 5ea11a64cee9ea46c3ac2b2b

乾燥アカモク

¥700 税込

送料についてはこちら

竹野の近海で獲れたアカモクを、乾燥させたものです。 (食べ方やレシピも同封しています) 【アカモクとは】 ここ数年で一気に話題になった海藻です。 免疫を高めると言われていて、抗がん作用や花粉症に効くといわれています。茹でて刻むと強い粘りが出ます。 イメージ的にはめかぶが近いです。 実は、この商品の製造に私たちも大きく関わっていて、主に乾燥作業のお手伝いをしています。 ※写真欄に作業風景を載せているのでよかったらご覧ください。 【作業の流れ】 朝7時、漁師さんからアカモクを受け取ります。 重さを計ったら、まずは洗います。 自然のものなのでどうしても微生物がついています。 小魚、エビやカニなんかもいて、リトル水族館だなぁと一人ニヤニヤしたりします。 もちろん、ニヤニヤしつつも仕事は丁寧にしていますよ。 汚れやゴミを洗い落として、干しやすい長さに切っていきます。 切れたら今度は外に干していきます。 10時〜11時には干す作業を終えて、午後から回収していきます。 ただ、天候やアカモクの状況で、どうしても天日干しだけでは乾かないことがあるので、その場合は特製の乾燥室で干します。 わかめ等他の海藻とは違って、粘り気が強いのでなかなか乾かないですし、枝同士がくっついたりするので、結構手間です。 乾燥させたら、湿気ないように保管をして、ゴミ取りと袋詰めを行なっていきます。 自分で言っちゃいますが、結構大変です。 黙々と作業をするのは好きなので、全く苦にはなりませんが、手間と愛情をとってもかけています。 竹野の海や作業風景を思い浮かべながら食べていただくと、また違った味わいがあるかもしれません。 ※自然のものなので、丁寧に洗っても多少のゴミ(生き物)が付いていることがありますので、その点だけご了承ください。